引越し見積もり相場
ズバットの引越し見積もり  

業者選定1 -荷物量、移動距離で選ぶ-

新居へ移動させる荷物の量、新居への移動距離によって、
大体どういったタイプの引越し業者に依頼するかが決まってきます。
貴方の引越しの荷物量・移動距離、条件を考えてみましょう。

 

●荷物量が多い場合・遠方への引越し

□ ファミリーの引越し
□ 大型家具が多い
□ 荷物が多い
□ 傷つけられると困る高価なものがある
□ 養生(壁などの保護)をしっかりしてほしい
□ 遠方への引越し
□ 多少高くてもOKだ

↓

『大手の引越し業者が安心』

大手の引越し業者は全国対応しているので、遠方への引越しの場合にはやはりお薦めです。
また、梱包・養生共に丁寧ですし、万が一傷を付けられた場合でも
大手業者なら必ず保険に入っているので、保証が効く点においても安心できます。

サービスも多様で、様々なニーズにこたえてくれるでしょう。
作業員の質は、当たり外れが少なく安定していると言われています。

しかし、やはり料金は高め。
「安さ」を重視する場合には、お薦めできません。

とはいえ、やはり料金が気になるのは当然のこと。
そんな方は、複数の業者にまとめて見積もりを出すと良いでしょう。

そうすることで、より安くよりサービスが良い業者を探すことができ、しかも業者選びの時間も
大幅に短縮できます。

複数業者へまとめて見積もり >>

 

●料金を抑えたい・遠方でない引越し

□ 料金を抑えたい
□ 荷物は多い
□ 大型家具もある
□ ファミリーの引越し
□ それ程高価なものがない
□ 引越し先がそれ程遠方ではない

↓

『地域密着型の業者(中堅業者)が最適』

地域密着型の業者は、今一番利用されています。
低価格にも関わらず、競争が激しいので値引きもしてくれるからです。

また、数をこなすことで低価格を実現してるため、
大手業者よりも熟練されたプロの作業員が多くいる事も特徴です。

しかし、当たりはずれがあるので、傷を付けられると困るような高価なものがある場合には
大手がいいかもしれません。
保険加入の有無も確認しましょう。

 

●荷物量が少ない場合・近隣への引越し

□ 単身者の引越し
□ 大型家具が少ない
□ 荷物が少ない
□ 傷つくと困る高価なものがない
□ 近隣への引越し
□ 自分で梱包ができる
□ 搬入・搬出が手伝える
□ 出来る限り安く抑えたい

↓

『軽貨物引越し業者や単身パックがお薦め』

軽貨物引越し業者の場合、梱包は自分で行い、
大抵は運転手1名で来るので基本的には搬入・搬出を手伝う事になります。

その為、単身者やファミリーでも荷物が少なく近隣への引越しの場合にお薦めです。
料金をかなり抑えて引っ越すことができます。

また単身者の場合には、大手・中堅業者の「単身パック」や混載便(※)を
利用しても良いでしょう。

※混載便=1台のトラックを数人で共有して運ぶ引越しのこと
       料金は抑えられるが、時間的な融通は利きにくい。

 

業者選定2: 良い引越し業者の見分け方 >>

 

引越し一括見積もりへ