引越し見積もり相場
ズバットの引越し見積もり  

人と同様にペットも引越しにはストレスを感じるもの

引越し、引越しに伴う準備や環境の変化は、
ヒトと同様にペットにとっても大きなストレスとなります。
そのため、いかにそのストレスかけないかがペットにとっても重要となります。
引越しの前の荷造りは、それだけで頭いっぱいということが大いに考えられます。
そこで、必要に応じてペットホテル等で一時的に預かって貰うのが良いでしょう。
毎日預かってもらう必要はありませんが、引越し前の土日だけなど、
日にちを限定して利用すれば休みを集中的に引越し準備に徹することができます。

 

●実際にペットの移動はどうすればいい?

引越し当日の移動ですが、ペットが車に収まる大きさでかつ車に乗り慣れていれば、
引越し時も普段と同じように車で買い主と移動するのが良いでしょう。
その際、注意したいのは休憩を頻繁に取ることです。
いくらマイカーでの移動に慣れているとはいえ、距離が長い場合はストレスとなるので、
休みを多めに取り、外の空気を吸わせてあげるのが良いでしょう。
また、心配であれば予め動物病院に行き酔い止め等をもらっておくと安心します。

車に収まらない、車慣れしていないという場合は
引越し業者・専門の業者にペットの輸送を委託します。
この際注意したいのは、格安の業者のは注意することです。
中には、家具などの一般貨物と一緒に積める「混載」で
ペットを運ぶケースがあるからです。
そのため、信頼できる良い引越し業者を委託することが重要です。

距離によっては航空輸送とトラック輸送を選択できる場合がありますが、
ペットのことを考えると航空輸送の方がストレスが倍でしょう。
航空輸送は値が張りますが、その分スピーディに輸送してくれます。
大切なペットを新居まで移動させるわけですから、多少の出費は仕方がないでしょう。

また、引越し後は挨拶の際にペットがいる旨を伝えるとよいでしょう。
今後ご迷惑をかえることがあるからということもありますが、
犬であれば新居の土地勘に精通しているご近所さんから
オススメの散歩コースを教えてもらえるかもしれません。
また、早い段階でペットがいることを伝えることで
ペットを飼っていない周囲のご家庭の理解も得やすいでしょう。
ペットを飼っていない家庭からすると鳴き声など気になるものです。

 

>>物件が決まり引越しをするならこちらから

 

引越し時のペットの移動と注意点 の関連記事

一括見積もりを利用するワケ

荷物量、移動距離で選ぶ